チェリーカジノは、海外で正規ライセンスを取得したオンラインカジノです。

ですが、日本には”賭博法”という法律がありますから、プレイをためらう方もいるかと思います。

そこで本記事では、チェリーカジノを日本でプレイする合法性・違法性をまとめてみました(^^)/

 

日本の”賭博法”についておさらいしておくと!

 

チェリーカジノが、合法か違法かの前に、日本の”賭博法”についておさらいしておきます。

ネットで賭博法と検索すると、以下のように…

 

賭博法の正式名称は、賭博及び富くじに関する罪(とばくおよびとみくじにかんするつみ)と言います。

刑法に規定された犯罪類型の一つで、社会的法益に対する罪に分類されます。

賭博罪が成立するためには、当事者双方が危険を負担する事が条件になります。

要は、当事者双方が損をするリスクを負うという事です。

 

なので、パーティーなどで無料で行われるビンゴゲームなどは該当しません。

当事者の一方が景品を用意するだけで、片方は負けても損をしないからです。

 

賭博法による処罰

賭博法に違反すると、50万円以下の罰金又は科料に処せられます。
ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは不処罰とされています。
常習賭博罪と区別する目的で、単純賭博罪とも呼ばれています。

 

国内でオンラインカジノのプレイヤーが逮捕された事件について

 

チェリーカジノではないのですが、日本で過去に逮捕者が出たという事件がありました。

まずは、その事件がどのような内容だったのか、以下に紹介しておきます(^^)/

 

ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用 京都府警

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

逮捕容疑は2月18~26日、会員制カジノサイトに接続、カードゲームで現金計約22万円を賭けたとしている。3人は容疑を認め、「海外サイトなら大丈夫だと思った」と話している。

利用された「スマートライブカジノ」は、英国に拠点を置く登録制のオンラインカジノ。日本語版サイトが平成26年9月ごろに開設されたとみられる。クレジットカードや電子マネーを使って賭けや払い戻しができる仕組み。日本人女性がディーラーを務め、日本語でチャットをしながらブラックジャックやルーレットなどのゲームができる。

府警によると、関根容疑者は「1千万円ぐらい使った」と供述。ブラックジャックの利用客だけで月に少なくとも約1400万円の賭け金が動いていたとみられ、府警は運営実態や資金の流れを調べる。

海外のカジノサイトを利用した賭博をめぐっては、千葉県警が2月、客に賭博をさせたとして、サイトの決済代行会社役員の男ら2人を常習賭博容疑で初摘発している。

産経WEST参照

 

このように、オンラインカジノのプレイヤー3名が京都府警に逮捕されたのです。

ただし、逮捕といっても賭博法違反の容疑がかかったという事ですから、有罪と確定ではないです。

この逮捕に関しては、裁判所が以下のように判断したので、確認してもらえればと思います(^^)/

 

プレイヤーが起訴内容を不服として裁判に!

 

上記の京都府警に逮捕された3名のオンラインカジノが、その後どのような処分を受けたかまとめておきます。

3名の内、2名のプレイヤーは警察からの起訴内容を認め”略式起訴”の処分となったそうです。

略式起訴というのは、起訴内容を認めることにより、刑を軽くするという処分です。

賭博法というのは、元々軽犯罪法ですから、より軽い処分になるという事です。

 

ですが、残りの1名のプレイヤーは警察の起訴内容を不服として裁判を行う事を決意したという事です。

理由としては、オンラインカジノをプレイしたこと自体は認めるものの、

日本の現状において、オンラインカジノを取り締まる法律はどこにもないはずという事です。

そのような状況で不意に逮捕されるという事は、納得しかねるというのがプレイヤー側の言い分でした。

 

そして、その1名のプレイヤーが弁護士と共に裁判の臨むことになりました。

裁判所が今回のオンラインカジノを巡り、警察とプレイヤーのどちらの言い分を取るかが、

裁判の焦点となったのです!!

 

プレイヤー側の勝訴!不起訴処分が確定!

 

では、オンラインカジノを巡り裁判所は、どのような判決を下したのかです。

それについては、起訴されたプレイヤーの担当の弁護士が判決内容を紹介しています。

以下はその担当弁護士のブログの一部抜粋です↓↓↓

 

賭博罪を専門とする弁護士として,新年早々非常に嬉しい結果を出すことができた。

私は昨年から,いわゆるオンライカジノをプレイしたとして賭博罪の容疑を受けた人の弁護を担当していたのであるが,これにつき,不起訴を勝ち取ったのである。

 

昨年,オンラインカジノをプレイしていたユーザー複数が賭博罪の容疑をかけられた。

彼らのほとんどは,略式起訴されることに応じて(これに応じるかどうかは各人の自由である)軽い罰金刑になることに甘んじたのであるが,そのうち1人は,刑を受けることをよしとせず,略式起訴の打診に応じず争いたいとの意向を示した。弁護を担当したのは私であった。

~~~以下省略~~~

麻雀プロ弁護士津田岳宏のブログ参照

 

上記の内容からも、オンラインカジノのプレイヤーの不起訴が確定しました。

不起訴という事は、分かりやすくいえば無罪でおとがめなしという事です。

この事からも、日本でオンラインカジノを合法的にプレイできる事が分かります。

 

当然ながら、この記事で紹介しているチェリーカジノも日本でプレイができます。

もし、これからチェリーカジノに登録という方は、以下のリンクからおすすめします。

 

⇒ チェリーカジノ公式サイトの確認はこちら!

 

チェリーカジノは正規ライセンスを取得したオンラインカジノ!

 

チェリーカジノは、海外の正規ライセンスを取得したオンラインカジノです。

私たち日本人が海外と聞くと、怪しいとか、危ないというイメージを持ちがちですが、

実は海外のオンラインカジノのライセンスというのは取得が非常に難しいと言われています。

 

ゲーム内で勝率の操作は絶対にできなく、会計監査も定期的に入っているとの事です。

私たちプレイヤーも本人確認書類の提出の義務などがり、

マネーロンダリングや資金の不正流用の防止など安全性も保証されているのです。

詳しくはこちらも参考に↓↓↓

 https://skyperec.com/cherrycasinouneishajyouhou/

 

チェリーカジノはそれだけでなく、創業1963年の老舗中の老舗オンラインカジノです。

「ベストオンラインゲーミングオペレーター」を3年連続(2014、2015、2016)で受賞するほどの、

信頼できるオンラインカジノです(#^^#)

 

日本でチェリーカジノをプレイしても問題ない!【まとめ】

 

本記事では、日本国内でチェリーカジノをプレイする事の合法性・違法性についてまとめてみました。

結論をまとめておくと、日本国内でチェリーカジノをプレイする事は何も問題ないです、

チェリーカジノの利用規約に違反しない限りは、そのまますんなりと登録し、ゲームを楽しめます。

 

ただ、最近は違法ネットカフェがオンラインカジノを金儲けの道具に利用しているケースもあるようです。

ですから、チェリーカジノ自体は安全でも、そのような違法ネットカフェなどは利用しない事が大切です。

それを踏まえて、この記事を見ている皆さんもチェリーカジノを楽しんでもらえればと思います(^^)/

 

⇒ チェリーカジノ公式サイトの確認はこちら!

 

以上、チェリーカジノで逮捕される?日本でプレイしても違法性はないの?…という話でした。