エコペイズは、ヨーロッパを中心に世界中で利用されているオンライン決済サービスです。

エコペイズを利用する事で、いつでもどこでも資金のやり取りができるようになります。

本記事では、エコペイズの登録方法について詳しくまとめてみました(^^)/

 

エコペイズ公式の動画で登録方法をチェック!

まずは、エコペイズの登録方法を動画で紹介しておこうと思います。

以下の動画はエコペイズ公式サイトで配信している動画です。

 

▼エコペイズの登録方法▼

 

すべて英文で紹介されている上に、音声なしですから不親切と言えば不親切かもですww

でも、これで登録の流れは何となく、分かってもらえたのではないかと思います。

エコペイズの登録方法の詳しい解説は、以下にしっかり載せておくので参考にして下さい(^^)/

 

エコペイズの登録方法を画像付きで詳しく解説

では、さっそく本題のエコペイズに登録する詳しい方法を紹介していこうと思います。

まず、エコペイズ公式サイトにアクセスします。

 

ホーム画面中央に「無料アカウントを開設」というバナーがあるのでクリックします。

すると、以下の個人情報の入力画面に飛びます。

 

①アカウント情報の入力

アカウント情報を入力していきます。

 

  • ユーザー名:英数字で6~20文字以内 例)yamada123
  • Eメールアドレス:自分の保有するメールアドレス 例)yamada456@gmail.com
  • パスワード:英数字8文字以上(アルファベットの大文字1つ、英数字が1つ含む) 例)Taro7890
  • パスワードを確認:上記のパスワードを再入力
  • 住んでいる国:日本(そのまま)
  • 使用言語:日本語(そのまま)
  • 使用通貨:JPY(日本円)・USD(米ドル)・EUR(ユーロ)のいずれか

     

    上記の内容で注意するとしたら、パスワードにアルファベットの大文字を使う事でしょう。

    (私もエコペイズにログインする時、よく大文字を忘れて入力してしまいますから…)

     

    また、使用通貨はJPY(日本円)でも良いのですが、換金手数料がかかります。

    始めての方は、まずUSD(米ドル)の口座から開設する事をおすすめします。

     

    ②個人情報の入力

     

    次に個人情報の入力をしていきます。

    気を付けないといけないのが、アルファベット表記で記入しないといけない点です。

     

    • 名(英語):自分の下の名前をアルファベット表記 例)Taro
    • 姓(英語):自分の苗字をアルファベット表記 例)Yamada
    • ID中の名前(ローカル):自分証明書の自分の下の名前を日本語表記 例)太郎
    • ID中の名字(ローカル):自分証明書の自分の苗字を日本語表記 例)山田
    • 誕生日:自分の生まれた日にち 例)1
    • 誕生月:自分の生まれた月 例)1月
    • 誕生年:自分の生まれた西暦 例)1982
    • 通り:市区町村以下の住所をアルファベット表記 例)shinchicho3-6
    • ビル名/ビル番号:ビルに住んでいる場合(アルファベット表記)該当がない場合は「-」
    • 都道府県名:都道府県をアルファベット表記 例)Aichiken
    • 市区町村名:市区町村をアルファベット表記 例)Nagoyashi
    • 郵便番号:ハイフン「-」なしの郵便番号 例)1234567
    • 住居証明書の住所(ローカル):住所確認書類に記載された住所 例)Shinchicho3-6,nagoyashi,Aichiken
    • コード:国番号(日本は+81)のままでOK
    • 携帯番号:自分の携帯番号 先頭の「0」とハイフン「-」を省く 例)9012345678
    • 資金源:自分の収入の資金源を選択 例)給与所得

     

    注意点としては、繰り返しになりますがアルファベット表記で記入する事。

    そして、身分証明書の自分の名前、住所確認書類の住所と同じに記載できているかがポイントです。

    住所をアルファベットに変換するのが面倒という方は、以下のサイトを使うと便利です。

    ↓↓↓

    http://judress.tsukuenoue.com/

     

    そして、利用規約やプライバシーポリシーにチェックを入れます。

    メール、SMSなどでお得情報が欲しい方は、そちらもチェックを入れると良いでしょう。

    そして、全て問題ないようなら「アカウントの作成」をクリックします。

     

    ですが、これだけではエコペイズの新規登録は完了していません。

    以下の作業も必要になるので、併せて覚えておいてもらえればと思います(^^)/

     

    ③メールアドレスを確認

    次に、エコペイズのアカウント作業ができているか確認する為、メールを確認します。

    エコペイズの登録時に記載したメールアドレスを開きます。

     

    これは私が普段利用しているGメールアドレスです。

    間違いなく、エコペイズ側からエコアカウントが有効になりましたと、通知がきていました。

     

    ④2段階認証の設定

    そして、これでエコペイズにログインできるかというとそれもまた違います。

    エコペイズは、セキュリティ上の問題で2段階認証を行わないとログインできなくなっています。

     

    「コードのリクエスト」というメッセージが表示されますので、クリックします。

    すると、以下のように表示されます。

     

    上記の画面のようにアクセスコードが表示されます。

    このアクセスコードをコピーします。

     

    先ほど、メールで送られてきたアクセスコードを入力します。

    そして、間違いないか確認したら「送信」をクリックします。

     

    ここで「Google認証システム」と「SMSまたは音声通話」の2通りで認証方法が選べます。

    私は下の「SMSまたは音声通話」を選択し、クリックしてみました。

     

    自分のスマホの番号が表記されます。

    そのまま「コードのリクエスト」をクリックすればOKです。

     

    ここで一度、自分のスマホのSMSを確認し、コードが送られてきているか確認します。

    そして、コードをそのまま入力します。

     

    そして、セキュリティの強化が完了したと表示されれば、2段階認証は完了です。

    そのまま、続行をクリックすれば管理画面に飛びます。

     

    ⑤エコペイズにログイン

    では、実際にエコペイズにログインできるかも、試してみようと思います。

    再び、エコペイズ公式サイトにアクセスします。

     

    画面右上に「ログイン」という項目をクリックします。

    すると、以下のログイン画面が表示されます。

     

    エコペイズに登録時に設定したログインID、パスワードを入力します。

    ここで注意するのはパスワードにアルファベットの大文字を含めている事ですしょう。

    私もよくアルファベットの大文字を変換し忘れてしまいます(^^;)

     

    そして、アカウントID、パスワードを間違いなく入力したら「ログイン」をクリックします。

    すると、以下の画面が表示されます。

     

    先ほど、メールで送られてきたエコアカウントの番号と、作成した口座の番号が一致しています。

    口座の通貨も自分が指定したものですから、これで無事に登録作業は完了です。

     

    ちなみにですが、ロボフォームは利用する、しないに関わらず定期的にログインする事をおすすめします。

    以前ですが、3ヵ月以上ログインをせずに放置していたところアカウントロックにあいました。

    ですから、1カ月に1回くらいはログインするくらいの感じで良いかと思います(たぶんですが・・・)

     

    ⇒ エコペイズ公式サイトの確認はこちら!

     

    エコペイズのアカウントID、パスワードの管理ツール

    エコペイズにログインする際のアカウントID、パスワードはメモするなどして大切に保管して下さい。

    もし、忘れてしまいそうという方は以下のツールも役立つかと思います。

     

     

    私も良くあるのですが、いくつものサイトに登録しているとアカウントID、パスワードが

    グチャグチャになって、どこにメモしたか分からなくなる事・・・

    こうなるとカンでアカウントID、パスワードを入力しないといけなくなります。

     

    ですが、エコペイズの場合、ログインで一定回数以上間違えるとアカウントロックされてしまいます。

    こうなるとカスタマーサポートに連絡したりと、ものすごく面倒な事になります。

    ですから、複数のアカウントID、パスワードを管理するなら、以下の「ロボフォーム」がおすすめです。

     

     

    ロボフォームは各サイトにログインする際、自動でアカウントID、パスワードを記憶できるツールです。

    それも自動記憶した後は、パソコン上で整理できるので紛失防止にも役立ちます。

     

    例えば、エコペイズ以外の決済用のサイトに登録した、複数のオンラインカジノに登録した。

    そんな時はロボフォームで一括管理が便利だと私は思います。

    無料版と有料版がある様なので、まずはお試しで無料版を使ってみるのも良いかと思います。

     

    ⇒ ロボフォーム公式サイトの確認はこちら!

     

    以上、エコペイズ(ecoPayz)の登録方法:登録の流れを画像で分かりやすく解説…という話でした。