エンパイアカジノは、フィリピンに拠点をおくオンラインカジノです。

やはりエンパイアカジノの魅力はリアルマネーで賭けを楽しむ事ができるところです。

ですが、日本で賭けを楽しむのは”賭博法違反”にあたらないか不安な方もいる事でしょう。

本記事では、エンパイアカジノの合法性・違法性についてまとめてみました。

 

日本の”賭博法”をおさらいしておくと!

 

恐らく、この記事を見ている皆さんも”賭博法”という法律は知っているかと思います。

要は日本国内で、国が認めたギャンブル以外を行う事を禁止する法律の事です。

具体的にどのような定義がなされているかネットで調べてみると…

 

賭博法の正式名称は、賭博及び富くじに関する罪(とばくおよびとみくじにかんするつみ)と言います。

賭博罪が成立するためには、当事者双方が損をするリスクを負う可能性がある事が条件という事です。

その為、パーティーなどで無料で行われるビンゴゲームのような、

当事者の一方が景品を用意するだけで片方は負けても損をしない場合には賭博には当たらないとの事です。

 

このように、日本の賭博法は定義されていまいた。

この内容から考えると、エンパイアカジノは賭博法違反と思えてもくるはずです。

実際はどうかを、以下にまとめてので不安な方は、しっかり確認してもらえればと思います。

 

⇒ エンパイアカジノ公式サイトの確認はこちら!

 

オンラインカジノプレイヤーが京都府警に逮捕!?

 

エンパイアカジノではないのですが、日本では過去にオンラインカジノで逮捕者が出ています。

内容としては、オンラインカジノをプレイした3名が京都府警に起訴されるという内容です。

以下の内容が、その際にネットで公開された内容です!!

 

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

出典:産経WEST

 

この内容からも、エンパイアカジノは賭博法違反に該当すると思えてもくるところです。

ですが、実際はどうかというと、上記の内容はあくまで警察側の一方的な対応という事です。

問題は上記の3名の容疑者が、その後どうな処分が下されたのかという事です。

 

オンラインカジノ逮捕者3名の処分について

 

では、オンラインカジノで逮捕された3名の容疑者に、どのような処分を下されたかです。

3名の内、2名は警察側の起訴内容を認め略式起訴の処分にななりました。

略式起訴というのは、起訴内容を認める代わりに、処罰を軽くするというものです。

 

ですが、最後の1名は警察の起訴内容を不服とし、徹底的に争う姿勢をとりました。

そして、オンラインカジノが合法か違法かを裁判所で争う事になりました。

 

最終的な判決がどうかというと、見事、容疑者の不起訴処分が確定しました。

つまり、日本でオンラインカジノを合法的にプレイできると認められたという事です。

この事より、エンパイアカジノのプレイで逮捕という可能性はなくりました。

 

裁判を担当した弁護士のブログにも判決事例が!

 

オンラインカジノの裁判に関する情報は、それを担当した弁護士のブログでも紹介されています。

上記の画像が担当した弁護士のブログ「麻雀プロ弁護士津田岳宏のブログ」です

↓↓↓

https://ameblo.jp/gamblelaw/entry-12235518621.html

 

私も上記のブログの内容は、何度も読み直しました。

そして、分かったのは京都府警のオンラインカジノプレイヤー逮捕というのは不当だという事です。

 

弁護士のブログの中でも、以下のように記載されています。

 

結果が出たのは,間違いのない事実である。

本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。

 

弁護士のブログですから、言うまでもなく法律の専門家です。

ネットの2chのユーザーの根拠のない意見とは、全く違い信用性も高い内容です。

この事からも、日本国内でエンパイアカジをプレイできる事が分かります。

 

⇒エンパイアカジノ公式サイトの確認はこちら!

 

ニュースでオンラインカジノで逮捕者が出る真相!

 

では、なぜ最近、オンラインカジノで逮捕者が出たニュースが続くのか疑問なところです。

前述した様に、ただオンラインカジノをプレイするだけでは逮捕される事はありません。

ですが、間違いなくオンラインカジノ関連で逮捕者が出ているのも事実です。

 

理由には、暴力団の資金集めなどが関係していると言われています。

従来の暴力団の資金源はカジノ場をリアル店舗で運営する事でした。

ですが、それにはカジノ場などの設備を要し、警察の摘発のリスクがありました。

 

そこで、暴力団はマンションなどの一室にパソコンを設置し、オンラインカジノに切り替えたようです。

パソコンだけですから、カジノ場の設備がいらず、警察からの摘発のリスクも低くなるからです。

ただ、ここで問題なのはオンラインカジノではなく、暴力団がカジノ場を違法で運営している事です。

 

ですから、オンラインカジノのプレイが合法的にできるようになった今日でも、

オンラインカジノに関する逮捕者が相次ぐのはこの為だという事なのです。

間違っても、そのような場所に私たちも出入りしないようにしたいですよね。

下手したら、客側の私たちまで逮捕されてしまうかもしれないのですから。

 

エンパイアカジノをプレイするだけで逮捕はされない!【まとめ】

 

エンパイアカジノは、海外の正規ライセンスを取得したオンラインカジノです。

実際に運営者やライセンスも以下のように、はっきりと確認できます↓↓↓

 

運営元 Nugget Projects Inc
ソフトウェア Betsoft , Conceptgaming , Evolution , Netent , Playngo , Pragmaticplay , Taishan , Thunderkick , Asia Gaming, Booming, Boongo, Gameart, Gameplay, NextGen, Pariplay, Push Gaming, Yuggdrasil, Ezugi, Kalamba Games, Oryx, Multi Slot, 他
ライセンス フィリピン(PAGCOR)
運営開始 2015年2月13日
カスタマーサポート  support@668dg.com
ライブチャット
9時~翌3時 (日本時間)※祝祭日も対応

 

当たり前ですが、エンパイアカジノは健全な運営がなされ、不正などは考えられないです。

前述のように、日本でもエンパイアカジノは合法的にプレイできる事も証明されました。

ですから、この記事を見ているも皆さんも安心してエンパイアカジノをプレイしてもらえればと思います。

 

もし、エンパイアカジノを詳しく知りたい時は以下の公式サイトを参考にして下さい。

利用規約などもすぐに確認できるはずです(^^)/

 

⇒ エンパイアカジノ公式サイトの確認はこちら!

 

以上、エンパイアカジノで逮捕される?エンパイアカジノは違法なのか?…という話でした。