日本でインターカジノをプレイすると逮捕されるのではと思っている方もいると思います。

確かに、日本には賭博法という法律があります。

ですから、違法性があるのではと不安になるのも無理ないでしょう。

 

しかし実際には、日本でインターカジノのプレイヤーは驚くほど多いのです。

なぜ、日本国内でインターカジノをプレイしても逮捕者が出ないかというと・・・

 

日本の”賭博法”をおさらいしておくと!

 

日本でも、最近はカジノ法案が成立したおかげで、多く方がギャンブルに興味を持ち始めたように思います。

ですが、日本では”賭博法”という法律がありますから、公営のギャンブル以外は禁止されています。

賭博法というのが、具体的にどのような法律かというと…

 

賭博法というのは、正式名ではなく正確には、

賭博及び富くじに関する罪(とばくおよびとみくじにかんするつみ)と言うそうです。

賭博法が成立するには主催者、プレイヤーのどちらもが損失を被る可能性がある事です。

例えば、賭け麻雀で主催者やプレイヤーがそれぞれ賭けていると、それは賭博罪に対応します。

 

逆に、ホームパーティーなどのビンゴ大会は、主催者が景品を用意するだけです。

プレイヤーとしては、何ら損失を被る事はないので賭博罪は適用されないという事です。

 

賭博罪による罰則

賭博罪の場合、50万円以下の罰金又は科料に処せられます。
ただし、一時の娯楽に供する物を賭けた場合などは不処罰とされています。

 

オンラインカジノでプレイヤーの逮捕事例とは?

 

では、さっそく本題のベラジョンカジノで逮捕されるのか?違法ではないのか?

という事についてまとめておこうと思います。

 

先ほども、賭博法に該当するのは主催者とプレイヤーの両方が損失を被る可能性がある場合です。

ですから、そこにベラジョンカジノを当てはめると賭博罪に該当すると考えても無理はないでしょう。

ですが、実際はどうかというと賭博罪には該当しないという事です。

 

まずは、以下にオンラインカジノで逮捕者が出たという以下のニュースをに目を通してもらえればと思います。

↓↓↓

【ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用】 京都府警

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

逮捕容疑は2月18~26日、会員制カジノサイトに接続、カードゲームで現金計約22万円を賭けたとしている。3人は容疑を認め、「海外サイトなら大丈夫だと思った」と話している。

利用された「スマートライブカジノ」は、英国に拠点を置く登録制のオンラインカジノ。日本語版サイトが平成26年9月ごろに開設されたとみられる。クレジットカードや電子マネーを使って賭けや払い戻しができる仕組み。日本人女性がディーラーを務め、日本語でチャットをしながらブラックジャックやルーレットなどのゲームができる。

府警によると、関根容疑者は「1千万円ぐらい使った」と供述。ブラックジャックの利用客だけで月に少なくとも約1400万円の賭け金が動いていたとみられ、府警は運営実態や資金の流れを調べる。

海外のカジノサイトを利用した賭博をめぐっては、千葉県警が2月、客に賭博をさせたとして、サイトの決済代行会社役員の男ら2人を常習賭博容疑で初摘発している。

出典:京都府警 – 産経WEST

 

この内容が産経ニュースに掲載されたのは2016年3月10日の事です。

確かに、このニュースが報道された時点ではオンラインカジノは違法という見方も出ました。

ですが、これはあくまで警察的な一方的な摘発という事です。

 

上記で起訴された3名の容疑者が、その後、どのような法的処分を受けたかが問題です。

詳しくは、以下にその事件に関する裁判所の判決内容を記載しておきます。

 

オンラインカジノプレイヤーのその後の処分は?

 

上記の3名のオンラインカジノプレイヤーが、その後、どうなったかをまとめておきます。

3名のプレイヤーの内、2名は警察側の起訴内容を認めて”略式起訴”の処分となりました。

略式起訴というのは、警察側の起訴内容を認める代わりに処分を軽くしてもらうという事です。

 

ですが、残りの1名のプレイヤーは警察側の競う内容を不服として、裁判で争う姿勢を見せたのです。

理由としては、現時点で日本にオンラインカジノを取り締まる法律がないにも関わらず、

いきなり不意を打たれるように起訴されえるのは、到底納得がいかないとの事でした。

 

そして、残りの1名のプレイヤーが裁判でどのような判決を受けたかというと…

 

オンラインカジノプレイヤーを巡る裁判所の判決は?

 

では、上記で触れた1名のオンラインカジノプレイヤーが裁判所で受けた判決はどうだったかです。

この判決はすでに出ており、結論をいうと不起訴処分、つまり無罪が確定したとの事です。

この判決内容に関して、この裁判を担当した原告側の弁護士が、自身のブログで以下のように紹介しています。

 

賭博罪を専門とする弁護士として,新年早々非常に嬉しい結果を出すことができた。

私は昨年から,いわゆるオンライカジノをプレイしたとして賭博罪の容疑を受けた人の弁護を担当していたのであるが,これにつき,不起訴を勝ち取ったのである。

~~~以下省略~~~

麻雀プロ弁護士津田岳宏のブログ参照

 

弁護士のブログですから、当たり前の事ですが、法律家の専門家で信用性のある内容です。

この事より、日本国内でオンラインカジノをプレイする事の合法性が証明されたのです。

オンラインカジノのプレイのみでの逮捕は、今後もこの事例がある限りないと断言できます。

 

ただ、最近もオンラインカジノで逮捕というニュースがテレビで流れているけど?

そんな風に疑問に思った方もいるのではないかと思います。

なので、以下にそのニュースの真相をまとめておくので、このまま読み進めてもらえればと思います。

 

最近のオンラインカジノで逮捕のニュースの真相!

 

今でもたまに、テレビのニュースでオンラインカジノで逮捕者が出たというニュースが流れます。

このニュースと、先ほどの裁判とでは何が違うのかという事ですが、

最近のニュースでオンラインカジノに関する逮捕者というのは違法カジノ店の運営者という事です。

 

分かりやすくいうと、オンラインカジノを悪用してカジノ場を闇で運営し、

プレイヤーから資金を徴収していたという事です。

 

オンラインカジノをプレイする事自体は違法性がなくても、カジノ場を運営していしまうの違法行為です。

このような違法カジノ店は、表向きはごく普通のネットカフェだったり、

マンションの何でもない一室で運営されていると言われています。(私は行ったことないですが・・・)

 

それも運営者が暴力団の組員だと可能性が高いとの事ですΣ(・ω・ノ)ノ!

この記事を見ている皆さんも、違法カジノ店(違法ネットカフェ店)などには、

変に立ちいらないように気を付けてもらえればと思います!

 

インターカジノは正規ライセンスを取得している!

 

インターカジノは、海外に拠点をおき、ライセンスも海外で取得しています。

海外のライセンスというのは、実は取得がものすごく難しいと言われています。

取得する為に、会計監査などを始め、厳しい審査を通過しないといけません。

 

以下のにそのまま、インターカジノのライセンス情報を記載しておきます。

↓↓↓

 

当ウェブサイトは、キュラソー政府の商業登記に登録されている、番号149132のBreckenridge Curacao B.V.(登録住所:Emancipatie Boulevard, Dominico F. “Don” Martina 31, Willemstad, Curacao)により運営されています。Breckenridge Curacao B.V. __ はキュラソー州知事により発行されたMaster Gaming License #5536/JAZ __ に基づく __ C.I.L Curacao Interactive Licensing N.V. __ により付与されたサブライセンスを通して正式な許可を所持しています。

 

私たち日本人にはピンときませんが、海外のオンラインカジノのライセンス取得は難しいと言われています。

厳しい審査を取らないと取得できないですから、勝率などの不正操作がない事も証明されています。

偶に、インターカジノは詐欺だとか、イカサマだとネットで批判的なコメントをするプレイヤーもいます。

 

ですが、そのようなプレイヤーのコメントというのは全く根拠がありません。

私が思うに、自分が勝てずに損した腹いせをネットに投稿しているのではないかと思うのです(。-`ω-)

 

⇒ インターカジノ公式サイトの確認はこちら!

 

インターカジノは国内で合法的にプレイできる!

 

皆さんも、この記事を見ているという事は、インターカジノに少なからず興味があるからこそと思います。

そして、インターカジノが合法か、違法かと迷われているからではならではないでしょうか?

私も初めてインターカジノを知った時は、違法性があるのではと疑っていました。

 

ですが、その後裁判所でオンラインカジノプレイヤーに対して不起訴という判決が下されました。

この事より、私も間違いなく日本国内で合法的にオンラインカジノがプレイできると断言できます。

もし、興味があれば以下の記事からインターカジノの公式サイトにアクセスしてもらえればと思います(^^)/

 

⇒ インターカジノ公式サイトの確認はこちら!

 

以上、インターカジノは違法なの?プレイすると逮捕されるの?…という話でした。