ベラジョンカジノの中でもブラックジャックは人気のトランプゲームです。

ですが、ブラックジャックという名前を知っていても、ルールを知らないと方もいると思います。

 

よしこ
よしこ
ブラックジャックって、名前は知っていますがルールが分からないんです…
だったら、ブラックジャックのルールを詳しく説明するから、参考にしてね!
まさゆき
まさゆき

 

そこで、本記事ではベラジョンカジノでブラックジャックをやる際のルールについてまとめてみました。

まだ、ブラックジャックをやったことがないという方は、ぜひ参考にして下さい(^^)/

 

ベアラジョンカジノには何種類かのブラックジャックがある!

 

まず、触れておきたいのはベラジョンカジノには何種類です。

ベラジョンカジノのブラックジャックには何種類ものゲームがあるのです。

ブラックジャックがゲーム名ではないという事です。

あくまでブラックジャックというカードゲームの総称(カテゴリー)という事です。

 

 

ベラジョンカジノでカテゴリーをブラックジャックに絞って検索すると、

上記のように11種類ものブラックジャックがヒットしました。

 

⇒ ベラジョンカジノ公式サイトの確認はこちら!

 

今回、私はおすすめ順で検索しました。以下にルールを詳しく載せておくので参考にして下さい。

 

ブラックジャックのルール:勝負の決まり方のついて

 

では、さっそくブラックジャックのルールについて触れていきます。

始めにブラックジャックの勝敗はどのように決まるのかまとめておきます。

 

ブラックジャックのカード合計点数が21点を超えないようにしながら、

ディーラーより高い点数を得ることが目的(勝利のポイント)になります。

最も良いハンドは最初に配られたカード2枚のがちょうど21になるナチュナル21です。

 

ただ、これでは意味がさっぱり分からないと思います(汗)。

なので、以下にもう少しだけ詳しいルールを記載しておきます。

何となくでもイメージは湧くはずです(^^)/

 

ブラックジャックのルールを詳しく解説

 

今回は、ブラックジャックで最もおすすめされていた「VJ Blackjack」を例にルールを解説します。

ブラックジャックでは、52枚のカードを含むスタンダード・デッキ8期が使用されます。

デッキとは52枚1セットのジョーカーを抜いたトランプ一組を指すます。

詳しいルールを、それぞれポイントごとに分けたので、以下を読み進めてもらうと分かります。

 

ブラックジャックのカードの値(計算方)について

 

カードの値は以下の通りです。2から10までの数字は表示通りの点数です。

絵札(ジャック、クイーン、キング)の値は10です。

エースの値は1あるいは11のいずれかで、ハンドにとって一番好ましい値に決まります。

ソフトハンドの場合、エースの値は11です。

 

ソフトハンドというのはエースを11として数える事ができるという事です。

ソフトハンドの場合、カードをヒットしてもAを「1」として数えることができるため、

決して21を超えることがないハンドということになります。

 

⇒ ベラジョンカジノ公式サイトの確認はこちら!

 

ブラックジャックの賭け方の基本的ルール

 

ブラックジャックには5つのハンドがあります。1個または複数のハンドにベットする事ができます。

ベットをおいたら、「今すぐゲームをする」ボタンをクリックするだけです。

ゲームは「シュー」に最も近いハンドから始まります。

シューというのは、カードを格納しておくボックスの事です。

 

その後、もう1枚のカードを、各ハンドに対して表に向け、

最後のカードを仮想ディーラーに見えないように伏せます。

すると、最初のハンドそれぞれの値が、各ハンドに表示されます。

 

【その1】ブラックジャックについて

元の2つの手持ちのカードがちょうど21になる事です。

これが、ブラックジャックというゲーム名そのものになっているという事です。

 

【その2】インシュランスについて

仮想ディーラーのアップカードがエース、自身がブラックジャックを持っていても、

仮想ディーラーがブラックジャックを持っているリスクがあります。

そのリスクを補填するのがインシュランスです。

インシュランスは「保険」という意味です。

 

ディーラーの1枚目のカードがエースでブラックジャックになる可能性がある時に、

賭け金の半額をベッティングし、「保険」をかけるのがインシュランスです。

 

【その3】ダブルタウン、ヒットまたはスタンド

最初の2枚のカードを確認した時に仮想ディーラーにブラックジャックがない場合は多々あります。

その場合、仮想ディーラーがテーブルで時計回りに移動します。

そうなると、プレイヤーは次のハンドを改善する機会が与えられます。

 

ダブルダウンとはブラックジャックのプレイヤーが選択できるアクションの1つです。

掛け金をさらに倍まで追加してカードを追加(ヒット)することができます。

 

ただしヒットは1回しかできないという制約があります。

また、ヒットというのは自分の手持ちのカードに追加でカードを引くことです。

スタンドは手持ちのカード(ハンド)にこれ以上カードを追加せず終了することをスタンドと呼びます。

 

【その4】スプリットとは

最初のハンドが同じ値のカードペアの場合、

そのペアをスプリットして2枚の別々のハンドにする事ができます。

チップを最初のベットの横に置き、合図を出します。

 

このとき自分でカードを分けてはいけません。

ディーラーがカードを分けるまで待つ必要があります。

 

ベラジョンカジノでブラックジャックを遊ぶコツ【まとめ】

 

今回、ベラジョンカジノのブラックジャックについて、ルールを説明しました。

ですが、文章で説明されても訳が分からないという方が殆どだと思います。

現に、この記事を書いている私もブラックジャックルールは実際にプレイを行いながら覚えました。

 

もしですが、ブラックジャックのルールが分からないと悩んでいるのでしたら、

始めはボーナスなどで無料プレイで試してみると良いかと思います。

ベラジョンカジノには、入金不要の$30登録ボーナスがもらえるので、

それで試しにプレイができます(^^)/

 

⇒ ベラジョンカジノ公式サイトの確認はこちら!

 

以上、ベラジョンカジノのブラックジャックのルール:賭け方やサイドベットの注意点について…という話でした。