ベラジョンカジノには依存性が少なからずあります。

依存症になりやすい人、なりにくい人それぞれあると思いますが注意は必要です。

そうなると、ベラジョンカジノのギャンブル依存症対策もチェックしておきたいところです!

 

よしこ
よしこ
ベラジョンカジノのギャンブル依存症対策は、どうなっているんですか?
ベラジョンカジノは、ギャンブル依存症対策もしっかり施されているよ!詳しい内容も説明するから覚えておいてね!
まさゆき
まさゆき

 

本記事では、ベラジョンカジノのギャンブル依存症対策である「自己規制」についてまとめておきました。

これから、ベラジョンカジノで遊ぶ予定の方は、必ず確認してもらえればと思います(^^)/

 

ギャンブル依存症になりやすい人は注意かも!

 

2017度にギャンブル依存症の実態を把握する為に、全国調査が実施されました。

日本全国300地点で5,365名から回答を得た大規模調査です。

この調査では、過去1年以内にギャンブル依存症が疑われる人は成人の0.8%にも上ると推計されました。

 

そして、その人たちが過去1年間に使った賭け金を平均すると、1カ月あたり約5.8万円でした。

この結果から、ギャンブル依存症に該当する人は月に約6万円をギャンブルにつぎ込んでいる事が分かります。

ただし、これはあくまでもギャンブル依存症が疑われる人のデータです。

 

その多くはまだ診断や治療を受けていないものと考えられます。

治療中の人の統計をとった場合には、毎月の賭け金がもっと高くなる可能性があります。

 

ベラジョンカジノのギャンブル依存症対策は?

 

自己規制で設定された制限は、プレイヤー本人のアカウントのみに適用されます。

ベラジョンカジノの運営会社であるBreckenridge Curacao B.Vにて管理されています。

自己規制の内容は、以下に記載しておきます。

 

①入金制限の設定

入金限度額を設けることにより、一定期間内の入金総額をコントロールすることができます。

設けられた入金限度額に達すると、メッセージが表示されます。

設定された日数と金額がリセットされるまで入金することができなくなります。

 

解除や変更は、プレイヤー本人が自己規制ページより行行う必要があります。

解除の変更にかかる時間は、反映されるまで最大24時間かかります。

カスタマーサポートから、解除や変更を行うことができないので注意して下さい。

 

設定した入金制限は、制限設定後に行われた入金時刻と入金額から計算されます。

その為、入金制限を設定した時刻に関わらず、行われた入金額と入金時刻次第で、制限期間は変動します。

 

例えば、水曜日の夜10時に「1日で$100まで」の入金制限を設定し、入金制限に達します。

この入金制限が解除され、再び入金が可能となるのは翌日の夜10時となります。

制限の設定または制限の強化は即時反映され、制限の緩和または解除は24時間後に行われます。

 

②時間制限の設定

時間制限を設定することで、一度のログインでプレイできる時間を制限することができます。

制限時間に達するとメッセージが表示され、次にログインするまでプレイができなくなります。

制限の設定または制限の強化は即時反映され、制限の緩和または解除は24時間後に行われます

 

③ゲームプレイ時間制限の設定

ゲームプレイ時間制限を設けることにより、設定した時間を経過すると自動的に通知されます。

ゲームプレイを継続するか中断するかを選択することができます。

 

④ロス制限の設定

ロス制限を設けることにより、選択期間中のアカウント残高に対する負け金額を制限することができます。

設けられた制限に達すると、メッセージが表示され、翌日までプレイを再開することができなくなります。

ロス制限には、プレイ中に獲得した勝利金も含まれます。

 

例えば、$20のロス制限を設定し、$5.00負けた後$6.00勝った場合、ロス制限は一時的に$21になります。

制限の設定または制限の強化は即時反映され、制限の緩和または解除は24時間後に行われます。

 

⑤退会の設定

退会をご希望の際は、今後のサービス向上のため、退会理由をお選びいただき’退会’をクリックしてください。

ギャンブル依存が原因でアカウント凍結を希望の場合、タイムアウトまたは自己規制の設定がおすすめです。

今後、ベラジョンカジノを再度利用する場合は、利用していたアカウントでログインする必要があります。

カスタマーサポートの案内に従って再登録の手続きを行う事でログインできます。

 

⑥ログイン制限の設定(アカウント凍結)

そのため、ゲームプレイをコントロールするために、ログイン制限(自己規制)を設定することができます。

設定された期間を経過するまでアカウントは凍結され、再開することはできません。

 

なお、「タイムアウト」を選択した場合、設定期間を経過するとアカウントは自動的に再開されます。

「自己規制」を選択された場合、設定期間を経過してもアカウントは引き続き凍結されます。

自己規制として凍結したアカウントの再開には、アカウント再開手続きに協力する必要があります。

 

ログイン制限設定後はどのような理由であっても解除・変更はできません。

ログイン制限の設定時間は、以下の通りです。

 

  • 24時間 (タイムアウト)
  • 7 日間 (タイムアウト)
  • 1か月 (自己規制)
  • 3 か月 (自己規制)
  • 6 か月 (自己規制)
  • 無期限 (自己規制)

ベラジョンカジノの「退会」と「アカウント凍結」を勘違いする方が多いようです。

自分が選ぶべきが「退会」か「アカウント凍結」なのか、しっかりと考えてから選択するべきしょう。

詳しくは、以下のベラジョンカジノ公式サイトでも確かめて下さい。

 

ベラジョンカジノのギャンブル依存症対策は万全【まとめ】

 

ベラジョンカジノは、間違いなくギャンブルです。

ギャンブルと聞くと、依存症になるのではとマイナスイメージを持つ方も少なくないかと思います。

ですが、実はギャンブルが大衆的な国は、日本より依存症患者の割合が低いのです。

 

これはギャンブル依存症対策が日本よりも優れているほかにならないからです。

当然ですが、ベラジョンカジノのギャンブル依存症対策も万全に施されています。

あとは、それを利用する私たちプレイヤー時の自己管理能力次第という事でしょう。

 

⇒ ベラジョンカジノ公式サイトの確認はこちら!

 

以上、ベラジョンカジノのギャンブル依存症対策:自己規制の重要性について…という話でした。