▼登録時のおすすめ情報▼

>>登録ボーナス$30はこちら!<<

 

近年、日本ではIR推進法案(通称:カジノ法案)が国会で可決され、日本各地で統合型リゾート施設の誘致合戦が繰り広げられています。そのせいかもしれませんが、私たちも今までよりカジノというものが身近に感じるようになりました。また、カジノの誘致に伴いギャンブル依存症の対策も大きくメディアに取り上げられるようになりました。

やはりギャンブル依存症というのは社会問題の一つとして大きな課題を抱えています。これはベラジョンカジノだあっても例外ではないと私は思います。

 

ベラジョンカジノでもギャンブル依存症になる危険性はありますよね?では、パチンコやスロットと比べて危険では高いのですか?
ベラジョンカジノにもギャンブル依存症の危険性はあるよ!パチンコやスロットと危険性を比べると、実は驚きの結果が出るんだよ!
まさゆき
まさゆき

 

そこで、本記事ではベラジョンカジノでギャンブル依存症になるリスクが、パチンコやスロットよりも高いのか低いのかなどを詳しくまとめてみました。今までの日本のギャンブル依存症の患者の数なども詳しく説明します。これからベラジョンカジノを始める方は必ず参考にしてもらえればと思います(^^)/

 

すでに日本はギャンブル依存症の患者だらけ!

▼ギャンブル依存症について▼

※動画再生時、音が出ます※

 

まずは、この記事を見ている皆さんに、今の日本でギャンブル依存症の患者がどのくらいいるのか知ってもらおうと思います。その上でベラジョンカジノのギャンブル依存症の対策について話す方がより具体的に話せますし、何より今まで日本のギャンブル依存症対策の現状が分かってもらえるはずです。

日本ではギャンブル依存症の実態を把握する為に、厚生労働省は2017年度、成人1万人を対象にアンケートを行いました。全国300地点の住民基本台帳から無作為に対象者を抽出。16年度調査の4.5倍となる20~74歳の1万人に対象を広げて面接を行い、4685人分の有効回答を得たそうです。

その結果、過去にギャンブル依存症が疑われる状態になった人は158人(全体の3.6%)でした。20~74歳の全人口に当てはめると約320万人という規模になります。男女の内訳でみると、男性は6.7%、女性は0.6%と、明らかに男性に依存症が多いことが分かります。最もお金を使ったのはパチンコ・パチスロが最多で、123人(2.9%)でした。

ギャンブル依存症が疑われる人の割合を諸外国と比較した統計も発表されています。生涯で見た場合は、オランダが1.9%(06年)、フランスが1.2%(11年)、スイスが1.1%(08年)でした。日本のギャンブル依存症患者の割合が非常に高い事が目立ちます。これは既に私たち日本人がギャンブルに溢れながら生活をしている証拠と言えるでしょう!

 

日本のギャンブル依存症の実態

日本では公営以外のギャンブルは違法としながらも、街中ではパチンコ屋などがいたる所にあります。よくよく考えればパチンコやパチスロもギャンブル以外の何物でもありません。今までそれを規制しなかったが為にギャンブル依存症の患者が欧州よりも高くなっています。それにも関わらず、カジノは危ないとか危険と騒ぐのは明らかにおかしいのでは?

 

ギャンブル依存症の患者の特徴などをチェック!

 

もしかしたら、この記事を見ている方の中にもギャンブル依存症で悩んでいたり、ギャンブル依存症の疑いがあるという方もいるかと思います。そのような方は、以下の記事を参考にしてもらえればと思います。私なりにギャンブル依存症についてまとめて記事なので、少しでも役立てて下さい。

 

ギャンブル好きと依存症の違い↓↓↓
https://skyperec.com/gyanburuzukitonotigai/

 

ギャンブル依存症になりやすい人の特徴↓↓↓
https://skyperec.com/gyanburuizonshounariyasuihito/

 

ギャンブル依存症のセルフチェック↓↓↓
https://skyperec.com/gyanburuizonshoucheck/

 

ギャンブル依存症の恐ろしい症状↓↓↓
https://skyperec.com/gyanburuizonshoushoujyou/

 

ベラジョンカジノのギャンブル依存症対策について

では、ベラジョンカジノではどのようなギャンブル依存症対策が取られているのかまとめておきます。
私たち日本人は海外のカジノサイトはギャンブル依存症のリスクが高いと思いがちですが、実際にはかなりしっかりとしたギャンブル依存症対策が施されています。

ベラジョンカジノにログインしてホーム画面をチェックしたのが以下の画像です。

 

ベラジョンカジノのホーム画面上部メニュー、もしくは下部メニューに「自己規制」という項目があるのでクリックします。「自己規制」というのは、自分自身でプレイを制限できる機能の事です。
「自己規制」で設定できる項目に何があるかしてもらう為、以下に公式サイトそのまま内容を載せておきます。

 

【入金制限】

入金限度額を設けることにより、一定期間内の入金総額をコントロールすることができます。 設けられた入金限度額に達しますと、メッセージが表示され、設定された日数と金額がリセットされるまで入金することができなくなります。 解除や変更には、お客様ご自身にてこちらのページより行っていただく必要があり、反映されるまで最大24時間かかります。
カスタマーサポートからは、解除や変更を行うことができませんので、上記を考慮に入れた上で設定を行ってください。

設定した入金制限は、制限設定後に行われた入金時刻と入金額から計算されます。 よって、入金制限を設定した時刻に関わらず、行われた入金額と入金時刻により、制限期間は変動いたします。

例:水曜日の夜10時に「1日で$100まで」の入金制限を設定し、同時に$100を入金した場合、入金制限に達します。この入金制限が解除され、再び入金が可能となるのは翌日の夜10時となります。

制限の設定または制限の強化は即時反映され、制限の緩和または解除は24時間後に行われます。

 

【時間制限】

時間制限を設定することで、一度のログインでプレイできる時間を制限することができます。制限時間に達するとメッセージが表示され、次にログインするまでプレイができなくなります。

制限の設定または制限の強化は即時反映され、制限の緩和または解除は24時間後に行われます

 

【ゲームプレイ時間制限】

ゲームプレイ時間制限を設けることにより、設定した時間を経過すると自動的にポップアップ通知が行われ、ゲームプレイを継続するか中断するかを選択することができます。

 

【ロス制限】

ロス制限を設けることにより、選択期間中のアカウント残高に対する負け金額を制限することができます。設けられた制限に達すると、メッセージが表示され、翌日までプレイを再開することができなくなります。ロス制限には、プレイ中に獲得した勝利金も含まれます。例えば、$20のロス制限を設定し、$5.00負けた後$6.00勝った場合、ロス制限は一時的に$21になります。

制限の設定または制限の強化は即時反映され、制限の緩和または解除は24時間後に行われます。

 

【退会】

退会をご希望の際は、今後のサービス向上のため、
ご退会理由をお選びいただき’退会’をクリックしてください。

ギャンブル依存が原因でアカウント凍結をご希望の場合には、タイムアウトまたは自己除外の+設定+をご利用ください。

今後Vera&Johnを再度ご利用されたい場合は、
ご利用になられていたアカウントにてログインをしていただき、
案内に従って再登録の手続きを行ってください。

 

【ログイン規制】

ギャンブルには中毒性があります。そのため、ゲームプレイをコントロールするために、ログイン制限(自己除外)を設定することができます。
設定された期間を経過するまでアカウントは凍結され、再開することはできません。

なお、「タイムアウト」を選択した場合、設定期間を経過するとアカウントは自動的に再開され、「自己除外」を選択された場合、設定期間を経過してもアカウントは引き続き凍結されます。

自己除外として凍結したアカウントの再開には、アカウント再開手続きにご協力いただく必要がございます。なお、自己除外でアカウントを凍結された場合、Breckenridge傘下の他のカジノアカウントにも適用されます。

ログイン制限設定後はどのような理由であっても解除・変更はできません

  • 24時間 (タイムアウト)
  • 7 日間 (タイムアウト)
  • 1か月 (自己除外)
  • 3 か月 (自己除外)
  • 6 か月 (自己除外)
  • 無期限 (自己除外)

 

このようにベラジョンカジノにはギャンブル依存症対策が予め施されています。もし、ギャンブル依存症が心配な方は、自己規制で入金額を制限しておくと良いでしょう。自己規制はベラジョンカジノ登録時に設定ができます。登録後でも設定の変更ができます。徐々に金額を高くしても良いかと思います。

自己規制が適用される際は、プレイした内容が設定に達すると、メッセージが表示されます。設定された日数と金額がリセットされるまで入金することができなくなります。解除や変更は、私たちプレイヤー本人が自己規制ページより行う必要があります。反映されるまで最大24時間かかります。

※カスタマーサポートからは、解除や変更を行うことができないので注意して下さい。

 

ベラジョンカジノはパチンコやスロットよりも安全性は高い!

 

リアルなカジノであれ、オンラインカジノであれ、いずれにしてもギャンブル依存症のリスクはあります。ただ、現在の日本で騒がれるようにカジノが日本で公認されるからギャンブル依存症が問題とは思いません。なぜなら、既に日本にはギャンブル依存症の患者が溢れかえっているからです。

今までパチンコやパチスロなどにギャンブル依存症対策が施されてこなかった事の方がよほど危険な状況だと言えます。欧米では日本とは違い、ギャンブル依存症対策”がかなり進んでいます。ベラジョンカジノもギャンブル依存症対策が施されています。また、ベラジョンカジノの方が勝率が高いというのも統計上から明らかです。

もし、ベラジョンカジノに興味はあるけど、どうしてもギャンブル依存症が心配という方は、以下からベラジョンカジノに登録をおすすめします。登録直後に、そのまま「自己規制」を設定する事ができるので、ギャンブル依存症対策も予めできるのではないかと思います(^^)/

 

以上、ベラジョンカジノよりパチンコやパチスロの方がギャンブル依存症なる危険性が高いのでは?…という話でした。

 

▼登録時のおすすめ情報▼

>>登録ボーナス$30はこちら!<<