最近は、副業を解禁する企業も増えて、会社員が副業をするのも珍しくなくなりました。

ですが、会社員の方にとって副業というのは分からない事だらけです…

 

よしこ
よしこ
会社員が副業する場合、確定申告が必要って言われていますよね!
では、ベラジョンカジノでいくら稼いだら確定申告が必要なんでしょうか?
まさゆき
確かに、会社員の人にとって副業は、分からないことだらけだよね!
ベラジョンカジノでどれくらい稼ぐと確定申告が必要かまとめてみたから、参考にしてね!

 

そこで、ベラジョンカジノで稼いだ勝利金は確定申告が必要かどうかについてまとめてみました。

確定申告が必要か不安な方にこそ、参考にしてもらえればと思います。

 

ベラジョンカジノの収益が20万以上なら申告が必要

 

まずは、ベラジョンカジノでどれだけの収入があれば確定申告が必要なのかについて触れておきます。

基本的に、給与以外の収入(副業)が年間20万円が確定申告の境界線になります。

ベラジョンカジノを含めた副業全体の額が20万円以上の場合は、必ず確定申告が必要になります。

 

収入というのは総収入から必要経費を差し引いた分です。

なお、会社員の場合は確定申告をする際に、

申告書の所得の内訳欄に(会社で源泉徴収された税額)を記載しなければなりません。

忘れがちになるところなので、会社の源泉徴収税額を調べておくことをおすすめします。

 

ベラジョンカジノの勝利金は一時所得として計上される

 

では、ベラジョンカジノで得た収益がどのような所得区分に分類されるかについて触れておきます。

皆さんも会社で所得は得ているかと思います。

ですが、世の中には様々な所得区分があり、厳密には10種類の所得区分に分かれます。

その10種類の所得区分を表にしたのが以下の表です。

 

所得の種類 内容と計算方法
①給与所得 給料、パート・アルバイト収入、俸給、賃金、賞与、歳費などによる所得。役員報酬や青色専従者給与も含まれます。
計算方法:収入金額(源泉徴収される前の金額)-給与所得控除額
②雑所得 雑所得とは、他の9種類の所得のいずれにも当てはまらない所得で、公的年金等、非営利用貸付金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料、放送料などが該当します。近年、増えているサラリーマンの副業もここに該当します。
計算方法(公的年金等以外のもの):総収入金額-必要経費
計算方法(公的年金等):収入金額-公的年金等控除額
③配当所得 法人から受ける剰余金の配当、投資信託の収益の分配などによる所得。
計算方法:その元本を取得するために要した借入金の利子
④一時所得 生命保険の満期保険金(一時金)、損害保険の満期返戻金、解約返戻金、賞金、懸賞当選金、競馬や競輪、競艇の払戻金、遺失物拾得の放浪金などによる所得。
計算方法:(総収入金額-その収入を得るために支出した額-特別控除額)×0.5
⑤事業所得 商工業、サービス業、農業などによる所得。
計算方法:総収入金額-必要経費
⑥利子所得 公社債や預金の利子などによる所得。
計算方法:収入金額(源泉徴収される前の金額)
⑦不動産所得 土地、建物などの賃貸による所得。
計算方法:総収入金額-必要経費(固定資産税、損害保険料、減価償却費、修繕費など)
⑧譲渡所得 ①不動産や株式、公社債等の譲渡による所得(分離課税)。
②機械やゴルフ会員権、船舶、特許権、漁業権、書画、骨董、貴金属などの資産の譲渡による所得(総合課税)。
計算方法:収入金額-(取得費-譲渡費用)-特別控除額
⑨退職所得 退職金や適格退職年金契約にもとづく退職一時金などによる所得。
計算方法:(収入金額-退職所得控除額)×0.5
特定役員退職手当は「収入金額-退職所得控除額」で計算
⑩山林所得 山林を伐採して売却、または立木のまま譲渡したことによる所得。
計算方法:総収入金額-必要経費-特別控除額(最高50万円)

 

まず、ベラジョンカジノのプレイヤーとしてゲームで勝利した場合の収益です。

その場合は④の一時所得に分類されます。

そして、ベラジョンカジノの広告収入(アフィリエイト報酬など)については、雑所得として計上されます。

いずれの収益も会社以外で得た収益のトータルです。

ベラジョンカジノだけで20万超えたらという話ではないので注意したいところです。

 

確定申告をしない、やっぱり追徴課税で罰せられる?

 

では、多くの方が疑問に思っているであろう確定申告しなかったらどうなるの!?」という事についてまとめておきます。

やっぱり、追徴課税で大変な目にあるのではと不安に思っている方もいるのではないでしょうか?

後ほど触れますが、確定申告の時期は大抵の場合3月15日までです。

この期限までに申告や納税をしないと延滞税や無申告加算税など申告漏れによる課税が発生するケースがあります。

以下は、私たち一般人がありがちな申告漏れのケーズなので、覚えておいてもらえればと思います。

 

【その1】無申告加算税が発生するケース

無申告加算税は確定申告書を3月15日までに提出しなかった場合に課せられる課税の事です。

無申告加算税は、本来の納付すべき税額に対して、50万円までは15%。

50万円を超える部分は20%の割合を乗じて計算されます。

ただし、確定期間後に自主的に申し出た場合は注意です。

この無申告加算税が5%の割合を乗じて計算した金額に軽減されます。

 

【その2】延滞税が発生するケース

例年の場合、確定申告の期限は3月15日です。

この期限までに税金を納めない場合に発生するののが延滞税です。

法定納期限の翌日から納付する日までの日数に応じて、利息に相当する延滞税が自動的に課されます。

延滞税の税率は、納期限の翌日から2月を経過する日までで年分ごとに異なります。

例えば平成30年分は年2.6%です。

納期限の翌日から2月を経過した日以後も年分ごとで異なります。

例えば平成30年分は年8.9%です。

 

他のギャンブルは申告しないのに何でベラジョンは・・・

 

ベラジョンカジノ以外のギャンブルで確定申告している人がいるかも触れておきます。

基本的に、どんなギャンブルであれ20万円以上の収入があれば、当然のように確定申告が必要です。

ですが、皆さんが良く知るパチンコ、スロット、競馬、競艇などで確定申告をしている人はまずいないです。

 

先ほどの所得一覧の表で、それらの収益は「一時所得」となると触れました。

ですが、実際にその場で現金の受け渡しを行い証拠が残らない以上、誰も申告しようと思わないでしょう。

(本当は、他のギャンブルでも確定申告の必要はあるのですがね・・・)

 

ただし、ベラジョンカジノなどのネット上のギャンブルは注意が必要です。

なぜなら、ゲームでプレイし、それによって得た収益がネット上に記録されているからです。

ですから、税務署の調査でどれだけの収益を得ているのかバレてしまう可能性もあるのです。

バレなければよいという問題ではないのですが、やはり申告はしっかりと行うべきでしょう!!

 

確定申告時に経費計上時の注意点について【要確認】

 

ベラジョンカジノの確定申告する際に20万以上の収入という事は先ほど記載した通りです。

総収入から経費を差し引いた金額が20万以上という事です。

そこで、気を付けたいのは経費に何を計上するかです。

たまにネットを見ていると、ゲームで負けた額を計上しようとしている方がいます。

ですが、これは明らかに間違いです!!

 

ゲームで負けた額は経費では落ちません。

経費に計上できる項目と分けると以下の通りです…

 

経費計上OK 参考書、雑誌、勉強会の受講料、10万円以下の備品など
経費計上NG ゲームで負けた損失額

 

ですから、ベラジョンカジノ関連で領収書が取れるものは大切に保管しておくと良いでしょう。

また、どうしても分からない時は、税務署の職員に尋ねてみると良いかと思います。

確定申告の際は厳密な数字は求められず、あくまでどんぶり勘定です。

ですが、その額により控除される金額が変わるのでしっかりと経費も計上しておきたいところです。

 

会社にバレずに確定申告を行う方法について

 

恐らくですが、ベラジョンカジノで収入を得ようと考えている方の大半は、私と同じ会社員のはずです。

そうなると、会社の給料とは別に収入を得ることになります。

そこで心配なのが、確定申告をする事で会社以外から収入を得ている事がバレるのではという事です。

会社員にとっては、かなり心配ではないでしょうか?

実はこれを解消する方法はあります。

 

 

確定申告書に「給与から差し引き」と「自分で納付」の二項目があります。

この二項目のうちから「自分で納付する」を選択すると、会社への通知がなくなりバレずに済みます。

しばらくすると、税務署から副業分の住民税の納税通知書が届きます。あとは、案内に従って支払うだけです。

 

※ただし、副業が会社などからの給与となっている場合は注意です。

特別徴収でまとめられてしまう為、会社に通知がいってしまい、バレてしまう恐れがあります。

 

確定申告はいつからいつまで?時期は必ずチェック

 

 

確定申告の時期ですが、個人事業主の方はともかく、私たち会社員の立場の方はピンと来ないと思います。

いつから始めって、いつまでで終わるのか分からない方も多いと思います。

毎年、確定申告の時期は多少前後します。ですが、例年通りならば2月17日から3月16日の期間になるはずです。

この期間中に確定申告を行えば問題はないのですが、問題は混雑状況です。

確定申告のピーク時に行くとかなりの待ち時間がかかります。その上、不備があると並び直しになるケースもあります。

(現に私は確定申告のやり直しで長蛇の列を2回もな浴び直す事になりました・・・)

 

ですから、確定申告が開始されれば直ぐにでも税務署に出向いておく方が無難かと思います。

期間ギリギリになると、不備などで期間を過ぎてしまったり、なかなか手続きができない可能性があります。

ぜひとも、この記事を見ている方も早めの確定申告をおすすめします(`・ω・´)ゞ

 

ベラジョンカジノの確定申告について【まとめ】

 

最後に、ベラジョンカジノを含めた副業の確定申告のポイントについてまとめておきます。

まずは、何よりも自分が確定申告するべき収入があるかを、しっかりと確認する事だと思います。

さらに、確定申告で計上する経費がどれくらいかなどもメモなど控えておくことも大切です。

そして、分からない時は税務署の職員に細かく質問してみると良いでしょう。

 

確定申告のPOINT
  • 本業以外で20万円以上の収入がある時は確定申告が必要
  • 確定申告をしないと、追徴課税の対象になる事もある
  • 経費の計上でゲームで負けた額を含めてはいけない
  • 確定申告をしたからといって、会社にバレる事はない
  • 確定申告の時期は、例年通りなら2月17日から3月16日

 

確定申告だけでなくベラジョンカジノについても詳しく調べたい方もいるかと思います。

そんな方は、以下の公式サイトをチェックしてもらえればと思います(^^)/

 

⇒ ベラジョンカジノ公式サイトの確認はこちら!

 

以上、ベラジョンカジノで稼いだ勝利金は確定申告が必要?申告漏れは罰せられるの?…という話でした。