▼登録時のおすすめ情報▼

>>登録ボーナスはこちら!<<

 

ベラジョンカジノも含めですが、オンラインカジノは違法ではないかと疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?
現に、ベラジョンカジノをネットで調べると「逮捕」というキーワードが目につきます。

そうなると、ベラジョンカジノで遊んだはいいが、後で逮捕されるのではと不安に思うのも不思議ではないでしょう。逮捕されたら、人生栗いますからね。。。

 

ようこ
ようこ
ベラジョンカジノって、ギャンブルですよね。日本は賭博法という法律がありますが大丈夫ですか?
大丈夫だよ、安心してね!
実は、ベラジョンカジノは合法的にプレイできる理由があるから詳しく説明するよ!
まさゆき
まさゆき

 

そこで、本記事ではベラジョンカジノの合法性・違法性について、そして、ベラジョンカジノで逮捕されるのかどうかについて詳しく説明してみようと思います。
ベラジョンカジノで逮捕されるのではと不安に思っている方こそ、ぜひ参考にしてもらえればと思います(^^)/

 

日本の”賭博法”を簡単におさらいしておくと!

 

恐らく皆さんも記憶しているかと思いますが以前、芸能人の蛭子義一さんが賭け麻雀を行った容疑で逮捕された事があったと思います。
そのような事例もあり、日本国内で賭け事をすると”賭博法”に抵触して逮捕されるという事は皆さんも周知の事かと思います。

 

ようこ
ようこ
日本には、賭博法って、具体的にどのような場合に適用されるんですか?
だったらまずは、賭博法がどんな時に適用されるか説明するよ!
まさゆき
まさゆき

 

ですが、賭博法というものを詳しく知っている方は少ないのも事実です。そこで、まずは賭博法について、詳しく説明しておきます。

 

【賭博法とは】

賭博法の正式名称は”賭博及び富くじに関する罪(とばくおよびとみくじにかんするつみ)”と言います。

賭博罪が成立するためには、賭け事の運営者、利用者の双方が損をする可能性がある事が条件になります。

ですから、麻雀などで主催者と利用者が”賭博法”で逮捕されるのは、上記の条件を満たしている場合に限ります。

 

逆に、パーティーなどで行われるビンゴ大会の景品は賭博罪が適用されません。これは、主催者側のみが負担する事で、パーティーを楽しむ側に負担が発生していないからです。
また、賭け事の勝敗が一方的に支配されている場合、これは賭博罪ではなく詐欺罪になります。例えば、お祭りの屋台で当たりがないのにくじで当たりがあるかのように商売をする場合などです。

あくまで、賭博罪が適用されるのは主催者とプレイヤーがお互いに得をする可能性も、損をする可能性もある賭け事である事が条件になるという事です。
少しややこしいですが、決して難しい内容ではない事が分かりますよねww

 

ベラジョンカジノは”賭博法”に抵触していないの?

 

そうなるとやはり大半の方が思い浮かべるのは、”やっぱりベラジョンカジノも賭博法に抵触するのでは!?”という事だと思います。
確かに、私もオンラインカジノを始めるまで、オンラインカジノは違法と思っていました…

 

ようこ
ようこ
賭博法の定義は、主催者とプレイヤーの両方が損する可能性があるという事ですよね!
そうなると、ベラジョンカジノは賭博法に抵触するのでは?
ベラジョンカジノが賭博法に抵触すると思うのも無理ないと思うよ!
でも、ベラジョンカジノは運営者もプレイヤーの誰も逮捕されていないよ!
まさゆき
まさゆき

 

ですが、実際にオンラインカジノ、つまり今回のこの記事で触れているベラジョンカジノをプレイしても賭博法には触れない事が証明されていたのです。
詳しくは、以下の内容を詳しく調べてもらえれば分かります(^^)/

 

 

ベラジョンカジノではないのですが、実は過去にオンラインカジノのプレイヤーが逮捕された事例がありました。内容としては、オンラインカジノのプレイヤー3人が京都府警に逮捕されたというものです。

実際にその時、産経ニュースで掲載された内容が以下になります。

 

ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用
京都府警【2016.3.10 21:11】

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる

産経ニュース参照

 

このように、過去にオンラインカジノのプレイヤーが起訴されたというのは、間違いない事実です。
ただ問題は、この逮捕された3人が後々、裁判所の判決でどのような処分を下されたのかです。逮捕といっても、警察側の一方的なものです。

その後、その3人のプレイヤーにどの様な処分が下されたかは、以下に詳しく説明しておきます。ベラジョンカジノが合法か違法かを判断する上で、特に重要な内容なので、必ず確認してもらえればと思います(^^)/

 

オンラインカジノのプレイヤーが不起訴を勝ち取る!

 

上記のオンラインカジノのプレイヤーが逮捕されたのは2016年の事です。なので、その事件に関するプレイヤーの処分は既に出ています。

摘発された3人のうち2名は起訴内容を認め”略式起訴による罰金刑を受け入れた”という事です。略式起訴というのは、要は起訴内容を認める代わりに、裁判を行わずに軽い罰金刑で済ませる処分になります。
ですが、残りの1名は起訴内容を不服として、裁判による申し立てを行ったという事です。

そして、見事、その1名は裁判の末に”不起訴処分を勝ち取る事に成功した”のです。実際に、その裁判を担当した弁護士がブログ詳細を記しています。そのブログの内容が以下になります。

 

 

 

賭博罪を専門とする弁護士として,新年早々非常に嬉しい結果を出すことができた。

私は昨年から,いわゆるオンライカジノをプレイしたとして賭博罪の容疑を受けた人の弁護を担当していたのであるが,これにつき,不起訴を勝ち取ったのである。

 

昨年,オンラインカジノをプレイしていたユーザー複数が賭博罪の容疑をかけられた。

彼らのほとんどは,略式起訴されることに応じて(これに応じるかどうかは各人の自由である)軽い罰金刑になることに甘んじたのであるが,そのうち1人は,刑を受けることをよしとせず,略式起訴の打診に応じず争いたいとの意向を示した。弁護を担当したのは私であった。

 

本件は,海外において合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノにつき,日本国内のパソコンからアクセスしたという事案である。

この形態の案件は,従前検挙された例がなく,違法なのかどうかがはっきりしない状況になっていた。

賭博をやったのは認めるが,そのような状況で不意に検挙されたのが納得いかない,というのがその人の言い分であった。

 

賭博罪の不当性を強く感じている私としても,本件は是が非でも勝ちたい事件であった。

本件のポイントは,いわゆる必要的共犯の論点で語られることが多かったが,私はそれは違うと考えていた。

これのポイントは,被疑者が営利目的のない単なるユーザーであり,罪名も単純賭博罪であるという点である。

 

賭博罪とひと口にいうが,単純賭博罪と賭博場開張図利罪の軽重は雲泥の差である。

後者の量刑は3月以上5年以下の量刑であるが,前者の量刑は50万円以下の罰金である。

諸外国では,賭博場開張図利罪や職業賭博は処罰するが単なる賭博は処罰しないという法体系を取っている国も多い。

ドイツ刑法や中国刑法がそうだ。

 

現行刑法でも,単純賭博罪は,非常な微罪である。

法定刑は罰金のみ,罰金刑の法律上の扱いは軽く,たとえばわれわれ弁護士は,執行猶予が付いても懲役刑なら資格を失うが,罰金刑なら失わない。

またこのブログで散々書いているように,今の日本は,競馬やパチンコなど,容易に合法的な賭博行為ができる環境が整っている。

つい先日には,カジノ法案も可決された。

そのような状況で,この微罪を適用して刑に処することが刑事政策的に妥当であるとは到底思えない。

単純賭博罪は撤廃すべきというのが私の主張であるし,少なくとも,この罪は今すぐにでも有名無実化させてしかるべきである。

 

本件の特徴は,当該賭博行為につき,海外で合法的なライセンスを得ている一方当事者である胴元を処罰することはできないところ,他方当事者であるユーザーを処罰しようとする点にある。

この点は従前,必要的共犯において一方当事者が不可罰である場合に他方当事者を処罰することができるのか,という論点に絡めて語られることが多かった。

しかし,真の問題点はここではないと私は考えていた。

賭博場開張図利罪と単純賭博罪の軽重は雲泥の差である。

賭博行為について,刑事責任のメインは開張者(胴元)が負うのであり,賭博者(客)が負う責任はある意味で付随的である。

賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的におこなうものであり,「賭博事犯の捜査実務」にもその旨記載がある。

そこには,些細な賭け麻雀を安易に検挙すべきでない旨の記載もある。胴元のいない賭博を安直に検挙することをいさめる趣旨である。

 

以上を踏まえたとき,本件は,主たる地位にある一方当事者を処罰することができないにもかかわらず,これに従属する地位にある当事者を処罰することができるのか,という点が真の論点となる。

この点,大コンメンタール刑法には,正犯者が不可罰であるときに従属的な地位にある教唆者や幇助者を処罰することは実質的にみて妥当性を欠くので違法性を阻却させるべき,との記載がある。

賭博事犯において,胴元と客は教唆や幇助の関係にあるわけでないが,その刑事責任の軽重にかんがみれば,事実上従属する関係にあるといえる。

 

というような話は,私が検察庁に提出した意見書の一部である。

本件での主張事由は他にも色々とあり,それらを全て書くと長すぎるし,そもそも,ラーメン屋が秘伝のスープのレシピを完全公開するような真似はしない(半分冗談半分本気)。

 

結果が出たのは,間違いのない事実である。

本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。

営利の目的なく個人の楽しみとしてする行為を対象とする単純賭博罪の不当性をうったえ続けている弁護士として,この結果を嬉しく思う。そしてちょっぴり誇りに思う。

引用:麻雀プロ弁護士津田岳宏のブログ

 

この担当弁護士のブログの内容からも分かるように、日本国内でオンラインカジノをプレイしても賭博罪は適用されません。裁判の結果として不起訴が成立した事で、日本でオンラインカジノをプレイしても違法ではないと明確に証明できた事になります。

実際に、日本の摘発が不当である事を、国際オンラインゲーミング業界の各方面からも非難が出ていたと聞きます。オンラインカジノの運営元は海外ですから、日本の法律が無理やり裁くのはやはり、どう考えてもおかしいでしょう。この記事を見ている皆さんも安心してベラジョンカジノに登録してもらえればと思います。

 

→ ベラジョンカジノから無料の登録ボーナス$30をもらいたい方はこちら!

 

ベラジョンカジノは運営元は海外にある!

 

運営元 Breckenridge Curacao B.V.
ソフトウェア plaingaming、NETENT、BETSOFT、 SHERIFF GAMING、NEXTGENGAMING、Evolution, Pragmaticplay, Redtiger, Play’n Go
ライセンス Curacao
運営開始 2011年2月26日
カスタマーサポート support.jp@verajohn.com
ライブチャット
サポート対応時間 月~日
メール:11:00-24:00(日本時間)
ライブチャット:11:00-24:00(日本時間)

 

海外のオンラインカジノが日本の賭博法に抵触しない事は分かったけど、それでも大丈夫なのかと疑り深い方も、中にはいるかと思います(苦笑)

そんな方は以下の、ベラジョンカジノのライセンス情報も参考にして下さい。以下の画像が、ベラジョンカジノ公式サイトに記載されているライセンス情報です。

 

  ↓  ↓  ↓  

当ウェブサイトは、キュラソー政府の商業登記に登録されている、番号149132のBreckenridge Curacao B.V.(登録住所:Emancipatie Boulevard, Dominico F. “Don” Martina 31, Willemstad, Curacao)により運営されています。Breckenridge Curacao B.V. __ はキュラソー州知事により発行されたMaster Gaming License #5536/JAZ __ に基づく __ C.I.L Curacao Interactive Licensing N.V. __ により付与されたサブライセンスを通して正式な許可を所持しています。

 

日本人の私たちには馴染みがなくピンと来ないでしょうが、海外の正規ライセンスというのは審査が非常に厳しいものです。定期的な監査が入る為、不正に勝率を操作するなどの行為はあり得ません。まして、個人情報の流出などのリスクがない事も証明されています。

ですから、海外のオンラインカジノと聞くと危険とか不安と感じるところですが、実際にはかなり健全な運営が行われているのです。
事実、海外では以下のようにベラジョンカジノのテレビCMも放映されているのです(^^)/

 

【テレビCMその1】

 

 

【テレビCMその2】

 

 

ベラジョンカジノが、いかに健全な運営をしているかは公式サイトの利用規約を確認すれば分かりやすいかと思います。
利用規約は、以下からベラジョンカジノ公式サイトにアクセスすれば確認できます。気になる方は、確認してみると良いでしょう。

 

→ ベラジョンカジノから無料の登録ボーナス$30をもらいたい方はこちら!

 

オンラインカジノで逮捕されたのは全く別件【要確認】

 

ベラジョンカジノでプレイする事が安全なのか、前述したとおりです。ですが、最近でもテレビのニュースでオンラインカジノで逮捕者が出たと目にする機会もあるかと思いますそれはいったいなぜかというのも触れておきます。

 

ようこ
ようこ
ベラジョンカジノが賭博法に抵触しないという事はよく分かりました!
では、最近でもオンラインカジノで逮捕者が出ているのはなぜですか?
確かに、最近でもオンラインカジノの逮捕者のニュースはよく目にするよね・・・
その理由も詳しく説明するから覚えておいてww
まさゆき
まさゆき

 

オンラインカジノをプレイする事自体は何ら問題はありません。ですが、最近のオンラインカジノで逮捕者が出たのには理由があります。
その理由というのが、オンラインカジノを利用して賭博場を運営している事なのです。

例えば、ネットカフェの運営者がオンラインカジノを利用して賭博場の主催者として金銭を受け取ってしまっているケースなどです。
この場合、日本国内で賭博しているとみなされます。あくまでオンラインカジノの運営者は海外です。ですが、ネットカフェが賭博場と化していれば、日本の賭博罪が間違いなく適用されます。

特に日本の場合、暴力団など反社会勢力が資金源確保の為に、オンラインカジノを利用しているケースが多発しているそうです。
元々、暴力団は昔から違法に賭博場を運営している事はあったそうです。それが近年は、警察の摘発の目をかいくぐる為にオンラインカジノを利用しているとの事です。

一昔前の、カジノ施設を設けてプレイさせるより、パソコンだけを設置して、後はプレイヤーが勝手にオンラインカジノを楽しませれば、はるかに手間がかからず楽という事でしょう。それに、オンラインカジノの方がはるかに警察の摘発の目を潜り抜けやすいのも事実です。

ですから、私たち一般人も気を付けなくてはいけないでしょう。違法ネットカフェなどむやみに出入りして、オンラインカジノをプレイしようものなら、警察のガサ入れで本当にパクられてしまいかねませんから(;^ω^)

 

ベラジョンカジノのプレイだけで逮捕はない!【まとめ】

 

近年、日本ではIR推進法案(カジノ法案)が成立しました。国民のカジノへの関心はより高まっています。その一方でカジノへの反発も根強く残っているようにも感じます。

今回、この記事で触れたベラジョンカジノで逮捕されるのかという内容もそうですが、一部のオンラインカジノを快く思っていない方たちの影響もあるのかもしれません。
ですが、この記事を書いている私自身もベラジョンカジノについて明言できることがあります。それが何かというとベラジョンカジノをプレイしただけで逮捕される事はないという事です。

 

ようこ
ようこ
さっそくですが、ベラジョンカジノの登録方法も教えてほしいです!
ベラジョンカジノの登録方法もチェック押しておくことをおすすめするよww
まさゆき
まさゆき

 

ベラジョンカジノは登録するだけで、入金不要の登録ボーナス$30がもらえます。$30あれば、色々なゲームをお試し感覚でプレイできるはずです。
ベラジョンカジノの登録方法については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にして下さい(^_^)/

 

ベラジョンカジノの登録方法↓↓↓
https://skyperec.com/verajohncasinotourokuhouhou/

 

因みにですが、私の知り合いはベラジョンカジノの登録ボーナス$30だけで30万円以上の勝利金を手にしたいと言っていました。
必ず勝てるという訳ではないですが、入金不要で試せるのであれば、試せない理由はないですよねww

ベラジョンカジノ公式サイトが確認すれば、あとは登録もプレイも簡単にできます。ベラジョンカジノの登録方法は、以下のリンクを確認してください(^^)/

 

→ ベラジョンカジノから無料の登録ボーナス$30をもらいたい方はこちら!

 

以上、ベラジョンカジノに違法性はある?プレイすると逮捕される危険性はある?…という話でした。

 

▼登録時のおすすめ情報▼

>>登録ボーナスはこちら!<<